男性AGAは男性型脱毛症といわれ、男性に多い薄毛の減少といわれています。なぜならその原因として挙げられているのが、男性ホルモンのバランスの乱れです。そのため女性よりも男性ホルモンを多く持っている男性が薄毛になりやすいです。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついてできたジヒドロテストステロンによって薄毛が加速します。ジヒドロテストステロンは発毛を抑制してしまう働きがあり、髪の成長の妨げになってしまいます。

通常私たちの髪は、髪が発毛し、成長期を迎え、その後後退期、休止期を迎えるサイクルになっています。このサイクルは薄毛の人も同じですが、最も重要な成長期が短くなってしまうのが問題です。通常髪の成長期が6年ぐらいといわれていますが、それが4年ぐらいと短くなってしまいます。これによって髪の成長期間が短くなり、太くてコシやハリのある髪質になる前に成長期が止まってしまいます。すると髪が柔らかく、細くて短い髪へと変わってしまいます。この状態が続けば続くほど髪の成長期が短くなった髪が増えてしまい薄毛につながります。抜けた髪が細い人や短い人などはAGAが加速する前に男性ホルモンのバランスを整える必要があります。できることならば、クリニックに行き相談することをお勧めします。HARG療法といった治療法があり、従来の治療とは違って効果が目に見えて分かります。気になる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

推奨リンク⇒水戸中央CL-薄毛治療(福島)

私たちの体が健康であるためには、バランスがいい状態を保つことが大事です。男性らしくいるためにも男性ホルモンの働きはとても重要です。男性ホルモンは思春期から20代にかけて最も分泌量が増えるといわれています。しかし中高年になると男性ホルモンが徐々に減少していきます。そのため男性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。また加齢以外でも、ストレスや睡眠不足などによっても男性ホルモンのバランスは崩れやすくなっています。そのため若い世代でも男性ホルモンの乱れは起きやすくなっています。男性ホルモンのバランスが崩れることで、起きてしまう症状として薄毛があげられます。

毛薄毛と男性ホルモンの関係性は深く、男性ホルモンのバランスが取れていることで髪の成長も保つことができます。しかし減少もしくは過剰になると薄毛の原因につながるため注意が必要です。男性ホルモンが減少してしまうと男性ホルモンを補おうとし5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンという新しい男性ホルモンを作り出してしまいます。このホルモンが発毛を抑制させる働きがあり髪の成長を妨げてしまいます。

また男性ホルモンが増加するとテストステロンの増加につながり、皮脂腺や毛母細胞にある5αリダクターゼと結合しやすくなり、発毛抑制してしまいます。また男性ホルモンは皮脂の分泌を高める働きがあるため、頭皮からも皮脂の分泌量が増えます。頭皮の毛穴を詰まらせ髪の成長を妨げてしまいます。

男性ホルモンは男性らしい体を作り上げるために必要なものです。男性らしい骨格、ひげ、筋肉など体のラインを作り上げる働きがあります。また男性の性機能、やる気や幸福感の元となるドーパミンの分泌も男性ホルモンと大きくかかわっています。男性が心身ともに健康でいるためには男性ホルモンの働きがとても重要です。

頭皮男性ホルモンの中でも主な成分といわれているのがテストステロンです。テストステロンは精巣で作られている成分でひげや体毛を濃くする働きがあります。そのため男性ホルモンが増えれば増えるほど髪の成長にもいい影響があるのではと思うでしょう。しかし髪にとっては必ずしも効果的とは限りません。なぜならテストステロンは頭皮にある5α―リダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンという成分に変化します。このジヒドロテストステロンは発毛を抑制させてしまう働きがあり、髪の成長サイクルを短くさせてしまいます。これによって髪の成長期が短くなりどんどん髪が抜けやすくなってしまいます。

また男性ホルモンは皮脂の分泌を増やす働きがあります。そのため皮脂が増えると体全体がべたつきやすく頭皮のべたつきも起きてしまいます。頭皮の皮脂が増えると毛穴のつまりや頭皮の環境を悪くさせ髪が育ちにくくなってしまいます。男性ホルモンのバランスを保つことが薄毛の対策にもつながります。

肉AGAは男性型脱毛症といわれ、男性の薄毛の原因として一番注目されています。AGAになってしまう要因として、男性ホルモンの乱れ、ストレス、遺伝、生活習慣が関係しているといわれています。なかでも最も多いのが男性ホルモンの乱れです。女性よりも男性のほうが年齢問わず薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが髪の成長に影響力があるからです。

それではなぜ男性ホルモンの乱れが薄毛につながるのでしょうか。まず男性ホルモンにはテストステロンという成分があり、その成分と頭皮にある5α―リダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンという成分を生み出します。この成分が髪を育成する毛母細胞を委縮させてしまう働きがあります。男性ホルモンが増えすぎるとジヒドロテストステロンをたくさん作り出すきっかけになってしまうため、過剰に分泌をさせないことも大事です。

そのため最近の育毛剤には男性ホルモンを抑制する働きやジヒドロテストステロンを作り出す5α―リダクターゼを抑制する成分が含まれた商品がとても多くなっています。男性ホルモンのバランスは体のバランスをとることにもつながります。薄毛になってしまう人はホルモンバランスが乱れている可能性が高いため、髪以外にも内臓などにも負担がかかってしまう可能性があります。髪が薄くなるということは体にも異常が起きているサインだと思い、早急に対策をとることがおすすめです。男性ホルモンの乱れは年齢問わず誰もが陥りやすいものです。そのため若い世代の薄毛が増えているのもホルモンの乱れと大きく関係があります。