AGAが加速

男性AGAは男性型脱毛症といわれ、男性に多い薄毛の減少といわれています。なぜならその原因として挙げられているのが、男性ホルモンのバランスの乱れです。そのため女性よりも男性ホルモンを多く持っている男性が薄毛になりやすいです。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついてできたジヒドロテストステロンによって薄毛が加速します。ジヒドロテストステロンは発毛を抑制してしまう働きがあり、髪の成長の妨げになってしまいます。

通常私たちの髪は、髪が発毛し、成長期を迎え、その後後退期、休止期を迎えるサイクルになっています。このサイクルは薄毛の人も同じですが、最も重要な成長期が短くなってしまうのが問題です。通常髪の成長期が6年ぐらいといわれていますが、それが4年ぐらいと短くなってしまいます。これによって髪の成長期間が短くなり、太くてコシやハリのある髪質になる前に成長期が止まってしまいます。すると髪が柔らかく、細くて短い髪へと変わってしまいます。この状態が続けば続くほど髪の成長期が短くなった髪が増えてしまい薄毛につながります。抜けた髪が細い人や短い人などはAGAが加速する前に男性ホルモンのバランスを整える必要があります。できることならば、クリニックに行き相談することをお勧めします。HARG療法といった治療法があり、従来の治療とは違って効果が目に見えて分かります。気になる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

推奨リンク⇒水戸中央CL-薄毛治療(福島)