肉AGAは男性型脱毛症といわれ、男性の薄毛の原因として一番注目されています。AGAになってしまう要因として、男性ホルモンの乱れ、ストレス、遺伝、生活習慣が関係しているといわれています。なかでも最も多いのが男性ホルモンの乱れです。女性よりも男性のほうが年齢問わず薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが髪の成長に影響力があるからです。

それではなぜ男性ホルモンの乱れが薄毛につながるのでしょうか。まず男性ホルモンにはテストステロンという成分があり、その成分と頭皮にある5α―リダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンという成分を生み出します。この成分が髪を育成する毛母細胞を委縮させてしまう働きがあります。男性ホルモンが増えすぎるとジヒドロテストステロンをたくさん作り出すきっかけになってしまうため、過剰に分泌をさせないことも大事です。

そのため最近の育毛剤には男性ホルモンを抑制する働きやジヒドロテストステロンを作り出す5α―リダクターゼを抑制する成分が含まれた商品がとても多くなっています。男性ホルモンのバランスは体のバランスをとることにもつながります。薄毛になってしまう人はホルモンバランスが乱れている可能性が高いため、髪以外にも内臓などにも負担がかかってしまう可能性があります。髪が薄くなるということは体にも異常が起きているサインだと思い、早急に対策をとることがおすすめです。男性ホルモンの乱れは年齢問わず誰もが陥りやすいものです。そのため若い世代の薄毛が増えているのもホルモンの乱れと大きく関係があります。