男性ホルモンの特徴

男性ホルモンは男性らしい体を作り上げるために必要なものです。男性らしい骨格、ひげ、筋肉など体のラインを作り上げる働きがあります。また男性の性機能、やる気や幸福感の元となるドーパミンの分泌も男性ホルモンと大きくかかわっています。男性が心身ともに健康でいるためには男性ホルモンの働きがとても重要です。

頭皮男性ホルモンの中でも主な成分といわれているのがテストステロンです。テストステロンは精巣で作られている成分でひげや体毛を濃くする働きがあります。そのため男性ホルモンが増えれば増えるほど髪の成長にもいい影響があるのではと思うでしょう。しかし髪にとっては必ずしも効果的とは限りません。なぜならテストステロンは頭皮にある5α―リダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンという成分に変化します。このジヒドロテストステロンは発毛を抑制させてしまう働きがあり、髪の成長サイクルを短くさせてしまいます。これによって髪の成長期が短くなりどんどん髪が抜けやすくなってしまいます。

また男性ホルモンは皮脂の分泌を増やす働きがあります。そのため皮脂が増えると体全体がべたつきやすく頭皮のべたつきも起きてしまいます。頭皮の皮脂が増えると毛穴のつまりや頭皮の環境を悪くさせ髪が育ちにくくなってしまいます。男性ホルモンのバランスを保つことが薄毛の対策にもつながります。